カラコンと通常レンズの大きさの違いについて

カラコン

カラコンと通常レンズの大きさの違いについて

コンタクトレンズは眼鏡の変わりに視力補正として使用することができるアイテムであり、多くの人が愛用している場合が多いです。
眼鏡をかけるよりも邪魔にならず、使いやすいという点で人気があります。
そんなコンタクトレンズですが、レンズ部分に着色されているタイプとなるカラーコンタクトレンズがあります。
カラーコンタクトレンズ自体は装着することで見た目を大きく変化させることができるので、カラコンと省略した呼び名で人気のあるアイテムとしてファッションやおしゃれとして利用する人が多いです。
実際のソフトレンズとカラコンの違いですが、レンズ自体の大きさに違いがあります。
普通のレンズの場合は装着した際の違和感を減らすために、レンズは薄く作られています。
ですがカラコンの場合は着色する部分が必要となるので、通常のレンズに比べると厚みがあるのが特徴です。
そのため通常のレンズに比べて厚みがある事で、長時間使用し続けると目にかかる負担が大きくなる場合が多いです。
そのため目が疲れやすくなるので、使用時間を工夫することがポイントになります。